月別アーカイブ: 2015年3月

鍋料理って本当に簡単ですね。

今日の夕飯は鍋にしました。
最近鍋にはまっているんです。だって野菜を切って投入すればいいだけですからね。
とっても簡単、とっても楽チンでほんと助かります。

特に忙しい女性にはもってこいの料理ですよね。まあ、私は単純に作るのが面倒だからこうした料理類に頼っているだけなんですが。
きっかけは単純に旦那さんと一緒にお買い物に出かけたときに美味しそうな鍋のスープを見かけたことです。

とても美味しそうだったので旦那さんと一緒に今日は鍋にしよう!と決めて鍋を食べたんです。そしたら自分がどハマリしてしまって、そこからいろいろなスープを購入してチャンスさえあれば週末のご飯は鍋にしています。

ちなみに今日は塩鍋にしました。本当は大きい鍋でやるべきなんですが、IHクッキングヒーター用の鍋がないので小さな鍋でやりました。
なので材料も半分ほどしか使いません。一度茹でて食べている間にまた次の材料を投入して煮込むんです。

ですが今日は一回の量でお腹が膨れたので二回戦はしませんでした。
半分くらい材料が残ったんですが、これは明日のお昼に独りで食べようと思います。

私独り鍋全然平気なんですw

夜中に小鳥が暴れてしまいました

私は女性です。

我が家では インコ2羽と文鳥1羽を飼っています。
私の部屋に鳥かごが置いてあり、私は毎日 鳥かごの横に布団を敷いて寝ています。

先日の夜、いつものように鳥かごに布を被せ、小鳥達は眠りにつきました。その数時間後に私も部屋の電気を消して眠ったのです。
すると、真夜中に インコのかごから かなりバタバタしている音が聞こえ、その音で私は目が覚めました。
私は「あぁ・・インコちゃん 止まり木から落ちたり、何かパニックになったのかな・・」と思い、私は起きて部屋の電気を付け、鳥かごの布を開けました。

以前にも こういう事があり、一旦暗い所でパニックになると 部屋を明るくして小鳥を落ち着かせるしかないのです。

鳥かごを見ますと、案の定 2羽のインコは かごの網にしがみつき、顔も驚いたような表情でした。
私には何が起こったかは分かりませんが、とりあえず「○○ちゃん、大丈夫だよ。怖くないからね」とインコ達に声をかけました。

インコは しばらくの間は固まったままでしたが、少しずつ落ち着いたようで 15分後くらいでやっと 止まり木に戻ってくれました。

すると、その騒ぎに気付いたのか インコのかごの横に置いていた 文鳥のかごからもバタバタした音がして、今度は文鳥がパニックになってしまったのです。
私は 少し閉口しながらも、やはり「大丈夫だよ。起こしてごめんね」と声をかけ なんとか 文鳥も落ち着かせました。

小鳥達を落ち着かせるのに時間がかかりましたが、再び眠りについてくれてホッとしました。