月別アーカイブ: 2018年6月

妊婦に席を譲るかどうか

日本では、マタニティーマークを持つこと自体が危ないとも言われています。妊娠は病気じゃないから、と言う名目で、妊婦に対してぶつかってくるような人も実際にいるようですね。

しかし、自分が妊娠して思う事は、やはり妊婦には席を譲ってあげてほしいと言うことです。座りたいからと言うことではなく、バランスが取れないのです。自分が妊娠して思う事は、8ヶ月に入ってから坂道の上り下りが辛くなりました。体の重心が変わるため、バランスがうまく取れないのです。

それは電車やバスでも同じことです。ブレーキを踏まれたとき、体の重心が電車やバスの動きについていかず、フラっとしてしまうことがあります。妊娠前は何かにつかまっていなくても大丈夫だったのですが、妊娠してからは何かにつかまっていなければ怖くて電車やバスには乗れません。

妊婦に席を譲ってあげてほしいと思うのは、転倒しないためです。妊婦はすぐにお腹が張るから、などという理由も確かにありますが、何よりも転倒しないために、できる限り妊婦さんには席を譲ってあげてほしいと思います。ブランディア公式サイト