ディズニーランド初体験

 初めてディズニーランドへ行ったのは、上の娘の高校入学祝の旅行でした。それまで、あ
まり興味のなかったところでした。かし「ぜひ行ってみたい」と娘が言ったので、一度く
らいはいいかと思い、春休みに家族で出かけました。
 ディズニーランドへ行くまでは、家の中にディズニーのキャラクター関係のグッズなど、
ほとんどありませんでした。また、娘達も特に興味を持って集めているという事もありま
せんでした。
 ところが、初日のディズニーシーで、どうも勝手がわからずうろうろしているうちに、
ボートを使った「キャラクターショー」が始まりました。その瞬間、上の娘は急に
「ミッキー!」
と叫びながら、ボートを追いかけて、見やすい場所へと全速力で走り始めました。今まで
「ミッキーのグッズ」など買ってほしいなどと一言も言わなかった娘が一目で夢中になっ
てしまった、衝撃の瞬間でした。まさに「洗脳された」というような感じでした。
 まだ、ディズニーシー、ディズニーランドというものがよく分かっていないまま行った
ので、あまり時間を有効に使えず、うろうろしていたり、ショーを見ていたりした方が多
く、アトラクションにはあまり乗れませんでした。
 それでも「アラジン」のアトラクションと「プーさんのハニーハント」に乗りました。
私としてはもうこの二つだけで「ディズニーランドは満喫した」と思えるほど楽しい物で
した。
 それ以降、娘達のディズニー熱は上がり、春休みごとに出かけるようになりました。上
の娘の研究の結果から、「ファストパス」をとったり、家族で分かれて並んで順番をとった
りという様々な作戦を言いつけられ、仕方なく、「入場した途端妻と二人で地図を見ながら
ダッシュをする」という事が続いています。妻とはいつも「ゆっくり音楽やショーでも見
ながら過ごしたいねぇ」とぼやいています。しかし、娘達はそれが許せないらしく、とに
かく「ジェットコースター系のアトラクションは何度でも乗る」という事を目当てに、こ
ちらにあれこれ指示を出してきます。
 確かに楽しいのは楽しいですし、びっくりするようなアトラクションで大笑いをする時
間をもて、しかも細かいところまで徹底的に考えられたサービスの中で過ごすと、確かに
ここは「夢の国なのだ」と思えてきてしまいます。ただ妻とは、「そのうちゆっくり食事で
もしながゆっくりショーが見られるような過ごし方がしたいね」と毎回ぼやいています。