冬でもかき氷

先日、テレビを見ていた時、驚くことがありました。その驚くことというのは、冬であるのに、かき氷を食べているという光景です。私はその光景は、そのときにしかないと思っていたのですが、そのかき氷やさんでは、多くの人が行列ができる程の人気店なので、冬でもかき氷をしているということでした。
そのため、そのかき氷を夏に食べることができなかった人たちが、そこにいって、こぞって食べているようです。そのことをおもうと、並ぶことが苦手な私にとっても納得をすることが出来ます。夏の暑いときに、並んで食べるというのは、そのほうが納得できないと思っているのです。
そのため、冬の寒いときに、そのかき氷を食べると、満足するということのようです。そしてそのかき氷は、キンキンに寒いと行った感じでないところも魅力となっているようです。
タレントの人がいっていますが、口の中にいれた途端になくなってしまうような食感だそうです。
そのような冷たさをあまり感じることがなかったら、私も食べて見たいと思ったことでした。またそのテレビでは、多くの果物も盛りだくさんにそのかき氷の上に乗っていたので、その分も美味しそうだなと思って、ますます食べたくなったことでした。